春は“開運”の季節!内なるパワーを目覚めさせよう!

こんばんは!
LoveQuartz東條です♪

まだ寒い日が続きますが、
日中はぽかぽか陽気に恵まれて春を感じる季節になりました!
今週末はお花見をする人で公園も街も賑やかになりそうですね♪

「桜」は私達の心を癒し、春の訪れを感じさせてくれる季節の風物詩「桜」。
花七日とも言われるほど短い運命の桜が、一生懸命に、
この時期のために大きく花開きます!

それは、どの花々よりも謙虚でいて、かつ力強く、たくましいものです。

桜には体にたまった悪い気を取り除き、本来の魅力を高め、
良い運気を呼び込んでくれる浄化・開運パワーがあるんですよ!

本日はそんなパワースポットとして有名な、
関東の桜の名所を3選をご紹介します。

 

上野恩賜公園


上野恩賜公園は、日本最古の公園のひとつ。
1世紀以上も繁栄した京都を下敷きに、風水の配置に従って造られたといわれています。
そんな上野恩賜公園はまさにパワースポットの集積場。開運、浄化、縁結び、商売繁盛など多様なご利益があるそうですよ!

この公園で楽しめる見事な桜の木々は、桜が好きだった天海僧正が吉野山から移植させたものと伝わります。
ソメイヨシノを中心に、約1200本もの桜が一斉に咲き誇る景色は圧巻です!
お花見の時期には多くの観光客で賑わいますが、特に夜桜を雪洞(ぼんぼり)の灯りの下で楽しむ光景は春の風物詩となっています。

 

北の丸公園


ビルが立ち並ぶ都心部にあって、緑豊かな都会のオアシスが北の丸公園です。
古くは江戸城の北の丸があった場所に位置し、”日本一のパワースポット”と言われています。
その所以は、江戸城築城に際し、太田道漢と彼に仕えていた風水師が選んだ”最も気の良い”土地だったからそうなんです。

約330本のソメイヨシノが枝ぶりも見事に咲き誇ります。公園前のしだれ桜は息をのむほどの存在感。
また、公園の西側には都内でも指折りの桜の名所・千鳥が淵があります。

皇居のお濠沿いに約700m続く遊歩道ではソメイヨシノやオオシマザクラなど約260本の桜が歩く人の頭上に枝を広げ、
あたかも桜のトンネルのよう。高台になった北の丸公園側から見下ろすと水面に映る幻想的な二重桜も楽しめます。

花園神社

新宿にある穴場的なお花見パワースポットがこの花園神社です。

徳川幕府以前から新宿の総鎮守として重要な位置を担っています。
寛政年代に尾張藩下屋敷の美しい花園だった今の地に移転し、花園稲荷神社と呼ばれたのが社名の由来とか。

新宿1.2を競う高さの大鳥居をくぐると見事な枝ぶりの桜の木がアーチを作っています。
境内の隅の方には桜の精・木花之佐久夜毘売(コノハナノサクヤヒメ)を祀る芸能浅間神社も存在しています。

靖国通り側より、明治通りの入り口の方がオススメ。

明治通りの入り口は、花園神社の皇居に向かって、
一直線に伸びているので、より良いパワーを授かれますよ!

いかがでしたか?
ぜひあなたもお花見に足を運んで開運パワーをいただきに行きましょうね♪