265年に一度!”スーパーブラッドブルームーン”現る!!

LoveQuartz
東條です。

あなたは空を見上げたときに、
赤くて大きな満月を目にしたことはありませんか?

「なんだか怖い…」

こんな印象もおぼえますよね。

実は、本日31日の夜は、赤くて大きな月が、
見られると予測されているんです!

しかも地域によっては約150年ぶりという、
非常に珍しい天体イベントなんですよ!

 

『スーパー・ブルー・ブラッドムーン』現る!!

今日の夜空で楽しめるのは、「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と
呼ばれる、満月。

”月の距離が地球に最も近くなる「スーパームーン」
月に2度目の満月となる「ブルームーン」
皆既月食により月が赤っぽく見える「ブラッドムーン」”

なんとこの3つが全て同時に起こるんです!

スーパームーンは通常の月と比べると14%大きく、
30%明るく見えます。

それぞれ1年に現れる頻度はこちら↓↓

■スーパームーン■
年に4〜6回

 

■ブルームーン■
2年8カ月に1回

 

■皆既月食■
年に2回以上

それぞれ起こると言われています。

こうして単体で考えるとわりと、
頻繁に起こっているように感じますよね?

でも、これが3つ同じタイミングで
起こるというのがとっても珍しいんです!!

 

北米では「150年」ぶりの現象!!

この「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」、
北米では「150年ぶり」の現象となるので、米メディアでは大変話題になっています!

北米でスーパー・ブルー・ブラッドムーンが前回見られたのは1866年3月31日。

これは期待が膨らみますよね!!

日本を含む東アジアでは、1982年12月30日にこの現象が起こりました。

というのも、ブルームーンは月に2度目の満月である必要があり、
12月30日の前の満月は東半球では12月1日だったんです。

このためブルームーンになったのだが、北米では11月30日に満月になっており、
12月30日はその月初めての満月で、つまりはブルームーンにはなりませんでした…

北米では約150年ぶりの珍しい現象ですが、
日本では約36年ぶりの「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」の現象が起きます!

こうして聞くと珍しさが半減しますが、
決して、珍しくないわけではないんです!


引用:forbes.com

全ての満月を100とすると、スーパームーンが起こる確率は約25%、ブルームーンは3%、
皆既月食は5.6%と米誌フォーブス電子版は発表しています。

つまりこれが全て同時に起こる確率は、0.042%になるという。

満月2380回に1度起こることになり、
計算上、平均して265年に1度の出来事なんです!

 

南東の空に注目しよう!

NASAによると、アジアでは今回のスーパー・ブルー・ブラッドムーンを、
1月31日に月が出てくる時刻に観察することができると言われています。

今回の皆既月食は、日本のどこからでも、
最初から最後まで観測できるんです!

午後7時51分に地球の影が月に落ち始める(半影)

20時48分に月が欠け始め(本影)

21時51分に完全に地球の影に隠れる皆既食になる

 

この皆既食は23時08分まで1時間17分続くと言われているので、
たっぷり観察することができると言われいますよ。

しかし、今日の夜の天気は生憎の曇り空、
北海道の一部地域を除いて観察が難しいかもしれません…

しかし、パワーストーンの浄化は月が出ている状態なら、
曇り空でも窓辺にパワーストーンを置くことで月光浴ができますよ!

 

満月にお願いごとをしよう!

合わせて、満月にもしっかりとお願いごとをしてくださいね。

新月の日にお願い事をするのは、とても有名です。

しかし、新月の願いをするならば満月の日にもちゃんとお願い事をしないと、
願いの実現力が弱まるという事実は意外と知られていないんです!!

 

結果は満月から

新月だけお願いするというのは、希望だけ伝えて、
結果を見ない片手落ちのようなもの…

満月は丸く明るく輝いているので、
満たたされているような印象を受けますよね。

その通り、満月の時は「やりきった!」、
という意味で満たされている状態。

何をやりきったのでしょうか?
それは「新月で決めたこと」です。

満月は新月に決意して、願って、夢見たことに対しての『ひとまずの結果』を
見せてくれる、重要なタイミングなんです。

 

新月と満月はセットでお願いをする

新月は夢や願望を「お願い」するのにとても良いタイミングです。

そして満月は「結果」なので、
新月で願ったことの結果が出るのが満月。

満月の結果をしっかり把握しないと、
新月でお願いをするばかりで結果を受け取らないということになるんです!

新月のお願いを習慣にしている方が、夢の実現を失敗してしまう大きな理由の一つが、
この満月を無視してしまっている結果と言えるでしょう。

 

満月のタイミングですること

満月の日にすること、
それは「反省」です。

新月で願った結果が満月のタイミングで「実現した・していない」に関わらず、
満月のタイミングでその結果をしっかり受け止め反省をしてください。

反省と言っても「ごめんなさい」と謝る反省ではありません。
反省は自分の行動やあり方を振り返って改めて考えることを言います。

具体的にやることは、「振り返り」と「改善案を出す」こと。

この2つを行うことで、新月で願ったあなたの願いの実現力が飛躍的に高まり、
あなた自身もその願いにふさわしい人物へと成長しやすくなるのです。

 

満月に願う5つのステップ

ここでは満月で願い事をする、
場合の具体的な5つのステップをご紹介していきます。

①振り返り
新月から満月までの期間はおよそ14日間。

この14日間でどのようなことがあったか、
振り返ってみましょう。

②自分を褒める
新月のお願いで、結果が出て叶った場合、
夢を実現した自分を思い切り褒めてあげてください。

その褒め言葉を文字にして紙に書くのがベスト!

③改善案を考える
新月に願ったことが、なぜ叶わなかったのか、
考えてみましょう。

・お願いのハードルが高すぎた
・やる気が継続しなかった
・本当に叶えたいお願い事ではなかった

このような理由が考えられます。

その理由に対しての改善案を考えてください。

満月のタイミングで叶わなかったことをそのままにするのではなく、
『自分がどのように変化』すれば、その願いの実現に近づけるのかを考えるのです。

④願いを書く
叶わなかったお願い事に対しての改善案を考えることができたら、
次は、新月の時と同様、改善案もお願い事として紙に書きます。

その際、過去完了形で書き、最後に感謝をしてください。

⑤実際に行動する
このステップが最も大切になります!

願い事というのは、願いを書くだけでは叶いません。

行動をしてこそ、願いは叶うんです!!

満月から次の新月までの期間はおよそ14日間。
この14日間で、改善案を基に実際に行動してくださいね。

以上が、スーパーブラッドブルームーンの紹介と、
満月に願う方法をご紹介しました。

日本では約36年ぶりの「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」、
新月に願ったことを振り返り行動することで、普段のお願いよりも、
効果が倍になる気がしますよね。

今日のタイミングを逃さず「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」
観察してみましょう!

 

「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」
の効果を更に倍増させる方法!!

1月2日に「スーパームーン」があったのは、
みなさんもご存知ですよね?

そして、本日31日の「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」

1ヶ月の間に満月が2回ある時、珍しい現象であることから、
2度目の満月のことを、ミラクルを呼ぶ「ブルームーン」と呼びます。

そんな本日の「ブルームーン」は、更に皆既月食が起きることから、
「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼びます。

さきほど、満月に願う5つのステップをご紹介しましたが、
更に願いの効果を倍増する方法があるんです!

それが、パワーストーンを身に着けること。

5つのステップにプラスして、月の力を倍増させるパワーストーンを持つことで、
あなたの願いが叶うと言われているんです。

そのパワーストーンは、
「ムーンストーン」と呼ばれています。

ムーンストーンの効果はこちら…

月の光を宿したようなムーンストーンは、
古くから神秘的な力を秘めた石として人々に愛されてきました。『月』は女性性の象徴であり、そのエネルギーを持つとされるこの石は、
女性をサポートしてくれる力にあふれているんです!

怒りや悲しみなどで情緒が不安定になっている時、
この石を身につけることで感情を穏やかに鎮めることができます。

更に、『恋人たちの石』『愛を伝える石』とも言われ、
持ち主を優しく大らかな愛情で満たしてくれるといわれています。

愛する人との出会いと恋愛を成就させ、
幸せな結婚そして家庭へと導いてくれるでしょう。

復縁にも効果的なので、
離れた愛を取り戻す石としても人々に愛されています。

 

いかがでした?

ムーンストーンを身に着けることで、
これだけの効果を実感することができるんです!

あなたも「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」に願いを託し、
更にムーンストーンを身に着けてあなたの幸せを引き寄せてください。

願いを叶える効果を倍増させる

※本日24時まで公開中