男が喜ぶ「会いたい」の連絡 男がうざいと思う「会いたい」の連絡の違い

 

LoveQuartzライタ―の
泉びっちよ。

あなたは彼へ“会いたい”
気持ちが抑えられずにLINEを
してしまった経験はないかしら?

きっと勢いで送ってしまって
後悔した経験は一度はあるわよね。

それで、彼の反応が
悪かったりして、落ち込む…

実は、男性側からすると
嬉しい「会いたい」とうざい「会いたい」
には明確な違いがあるの。

それは「頻度・重さ・姿勢」に現れるのよ。

今日はその「会いたい」に
ついてお話をしていくわね。

 

①連絡の頻度について

好きな人や恋人に「会いたい」と言われて
嫌な気持ちになる人はいないわよね。

しかしその「頻度」が増えると、
「嬉しい」が「ウザい」にかわっていくの。

「会いたい」という気持ちはとてもナイーブなもの。

だからこそ「出しすぎない」ことで
その価値が高まるのよ。

たまに「会いたい」と言われるから、
「会えなくて寂しくなった感」が伝わるもの。

毎週のように「会いたい会いたい」と言われると
暇人扱いされてしまうわ。
自分の時間も大切にしていかないとね。

 

②気持ちの重さで負担をかけてないように

さっき話した通りに、
頻度が増えていくほど
相手にウザいと思われる原因。

でも、「伝え方」にも問題があるの。

「はやく会いたいな(^v^)」
or
「会いたいな…」

送る内容で相手の受ける印象は変わるわよね。

彼に精神的負担をかけ過ぎないカラッとした
「会いたい」を送れるよう心がけてちょうだいね。

 

③相手を想う姿勢が大切

彼にうざいと思わせてしまう‟会いたい”には

「寂しさを埋めるためにあなたを利用させてほしい」

このような心理が見え隠れしているの。

だからこそ、相手にもあなたに会うことの
メリットを感じさせなければいけないのよ。

例えば、

「充電切れそー(>_<)あってチャージしたいな!」
→ラブラブできる期待感

 

「ちょっと仕事でミスしちゃって…相談のってくれる?」
→頼られてる満足感

 

このように、彼があなたに会うことで得られそうなこと(もの)を
一緒に提示して連絡してあげると「嬉しい会いたい」になるわよ。

 

■自分の思いを抑えながら「彼に伝わる」方法を身に付けて

自分の気持ちばかりを彼に
そのまま伝えても気持ちは届かないもの。

相手が受け取りやすいように、相手が受け取りたい形で、
そして欲を言えば相手が喜ぶように、伝えることを意識していきましょう。

「具体的にどう伝えるの?」という質問に対しての答えは、
とりあえず伝えてみた先にあります。

最初は下手なりに、でも一生懸命、
相手のことを考えながら伝えてみる。

その意識があるだけで、相手は
「こちらのことを配慮してくれようとしている」
これが伝わるわよ。参考にしてみてね。