セレブの復縁トレンド!絶縁状態から復縁したって本当!?

LoveQuartz泉びっちです。

日々恋愛スキャンダルが注目される海外セレブの熱愛報道。

わたしも昔からセレブの恋愛事情が大好きなんだけど、
今回お届けする内容は、ぜひLoveQuartzの記事をご愛読している方たちに、
ご紹介したいの。

2018年のセレブ業界は近年稀に見る、恋愛スクープが豊作の年なのよ。
個人的にもワクワクしちゃうわ!

例えば、有名なセレブカップルをご紹介すると、

 

ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ボールドウィン


引用:instagram

 

ジジ・ハディッド&ゼイン・マリク


引用:instagram

 

ベラ・ハディッド&ザ・ウィークエンド


引用:NYLON

 

エマ・ストーン&アンドリュー・ガーフィールド


引用:hellomagazine

 

クリステン・スチュワート&ロバート・パティンソン


引用:celebrityinsider

これだけ見ると、とっても豪華なセレブカップルという印象を受けるんだけど、
ふと気付いたことがあるのよ…

実はね、全部復縁したカップルなの!!

私の仕事柄、復縁は珍しいことではないんだけど、
驚くのは、上記で紹介したカップルの中の3組は円満な別れをせずに、
絶縁状態にいたカップル。

ジャスティン・ビーバー&ヘイリー・ボールドウィンの場合だと、
破局後、ジャスティンへの説教ともとれるツイートを投稿している。
更に、2年間ほど一切会話をしていなかったとも告白。

クリステン・スチュワート&ロバート・パティンソンは、
2013年クリステンの浮気が発覚して破局。現在ロバートはシンガ―のFKAツイッグスと婚約中。

今年の2月に二人でバ―にいるところを目撃されてる。

そして、ベラ・ハディッド&ザ・ウィークエンド、ベラはザ・ウィークエンドがセレーナ・ゴメスと交際をスタートしてから、友達だったはずのセレーナのインスタグラムをアンフォロー。

一時は憎しみあった二人がなぜ、復縁に至ったのか気になるところよね。

この3組のカップルのように、喧嘩や不仲による破局は、円満破局の何十倍もエネルギーを使うでしょ?

でもね、憎んだ相手ほど、記憶から消えないものじゃない。
それほど愛していたからこそ、その思いが憎しみにかわるもの。

外見も美しく引く手数多、日々多くの出会いがあるはずなのに、
身近なところで恋愛を済ませてる感じは、ちょっぴりガッカリ…

2018年残り半年で、素敵な大物カップルの誕生や復縁カップルが結婚することを願っているわ。