恋愛が長続きする「恋のオキテ」あなたは守ることができている?

LoveQuartzライターの
泉びっちです。

親しき仲にも礼儀アリ!

この言葉がある通りに例え親しい友人関係や
愛する恋人どうしであったとしても
“越えてはいけない一線”というものがあるのよ。

自分の知られたくないことまで
知ろうと土足でずかずかあがりこまれたら
誰だって嫌悪感を持つもの…

このようなことを繰り返していくと
疎遠になったり振られてしまう結果も招いてしまうのよね。

そこで、今回お届けする内容では、
恋愛が長続きする「恋のオキテ」について
ご紹介していきます。

 

■理由があろうと「相手を傷つける」ことは全てがゲームオーバー

 

「最近彼がかまってくれなくて…」
「LINEが最近返ってくるのが遅いんです…」

このような状況から
あなたは相手を傷つける行動
や発言をしていないかしら?

もちろん意図せずに結果的に
傷つけてしまうこともあるかもしれない。
それはしかたないとしても、

▲相手の気持ちを確かめるために他の異性との関係をチラつかせる
▲愛情が冷めてしまったかのような態度をとってしまう

このような行動は、相手が作ってくれた料理を「まずい!」
といってゴミ箱に捨てるようなことと一緒なの。

要するに、相手が少なからず傷つくとわかっていながらも、
自分がした行動を正当化することはタブーということ!!

「寂しかったから」「愛されている証拠がほしかったから」
という理由であっても、相手を傷つけないように話し合ったり、
自分の意見を正直に伝えてみたりすることでも解決できるのよ。

 

■長続きさせるためには「あいさつ」が重要

あいさつは基本といわれるように
恋愛でもあいさつは基本なポイントなの。

当たり前のことと思うかもしれないけど
意外とできていない人が多いのが事実…

当たり前のあいさつができることは、
それだけしっかりとした恋愛力があなたに
備わっていることが相手に伝わるというわけ。

実際、そういう人と付き合うのは
とても居心地がいいもの。

ここで確認しておきたいのが、
恋愛でもっとも大切なあいさつは、
「おはよう」と「バイバイ」じゃないの

「好き」これも違います。

恋愛で最も大切なあいさつは
「ありがとう」「ごめんね」この二つなのです。

なぜかというと、

▲言う人と言わない人がいる
▲言ってもらいたい場面で言ってもらえない

この場面に出くわしたときに
誰もがイライラするものだからなの。

もしもどちらかでも苦手意識があるのなら、
今日からすぐに言うよう職場やコンビニの店員さんにも
言えるように意識していきましょうね。

これを伝えるようになるだけで、
あなたは1つ大人の階段を上がることができわよ。

 

■LINEやデートの頻度を「相手のペース」に合わせる

あなたは以下の様なタイプではないかしら?

▲彼とたくさんLINEをしたい
▲返信を即レスするタイプ
▲たくさんデートをしたがるタイプ

これに当てはまる人はとくに要注意よ!

自分よりもゆっくりと関係を深めたい人がいることを
まずは尊重してあげて、イライラはしないこと!!

そしてゆっくりと相手のペースに合わせてあげることが重要

相手から沢山連絡が欲しいんです!」
「沢山デートがしたいんです!」

これはただのわがままで自分のことしか考えられない
自己中タイプなの。

LINEのタイミングやデートの頻度を、
自分本位だけじゃなくて、相手が心地いいと感じるようなレベルに
合わせてあげることで、あなたと相手の距離もどんどんと縮まっていくのよ。

 

■価値観を押し付けることは絶対にダメ

これも相手のペースに合わせることと同様に、
相手にケチをつけずに尊重することが大切。

たとえ、自分から見た場合、世間一般から見た場合でも
誰かに迷惑をかけていない限り、放っておいてあげることが
恋のオキテ!

例えば、
食事をしているときに、相手の箸の持ち方がヘンだと思った場合、
あなたならどうしますか?

「箸の持ち方変だよ。こうするんだよ」

このように細かいことを指摘した場合、
相手は少なくともその食事をおいしく感じられない
程度には気分を害してしまうわ…

「男性なら彼女にはこういうことをしてあげるもんだよ」
「元カレはこうしてくれたよ」

このように、相手の恋の仕方にケチをつけてしまっているなら、
一緒には食事をしたくない人やもう会いたくない人と思わせて
しまうことをどうか忘れずに。

 

▼今週一番読まれた記事です▼