2月は運命の変わり目!“ 立春”の正しい過ごし方で開運をしよう

LoveQuartz店長の東條愛理です。

 

スピリチュアルの世界では
大晦日と元旦言われているのが
“節分”と“立春”です。

 

この2日間は運命の変わり目とも呼ばれ、
この日のすごし方は1年の運命とも言われるほど
かなり重要な日になるのです。

 

昨日のブログでは、
“正しい節分”についてご紹介させていただきましたが、
ご覧いただけたでしょうか?

 

そして、昨日お話した通りに
本日は“ 立春”の正しい過ごし方について
お話をしていきます。

 

2月2日の今日は「節分」となりますが、
明日2月3日は「立春」となります。

 

風水・占い・スピリチュアルの世界では、節分と立春は

▼気の変わり目
▼運気の流れが変わる
▼新しい年への切り替わり

このように重要視されています。

 

つまり、立春はスピリチュアル的な「1年の始まり(元日)」、
その前日である節分は「大晦日」と言えるのです。

 

それでは、立春の正しい過ごし方”について
解説していきます。

 

 

■2月3日「立春」の開運方法とは

“もうひとつの元日”である、立春には次のような過ごし方をしてみましょう。

 

 

・衣食住それぞれに新しいものを1つずつ取り入れる

▼身につける衣類
▼食べ物
▼日用品

それぞれに最低1つは新しいものを取り入れてみましょう。

 

特に下着やタオル、トイレタリーは新調するのが理想的です。

 

肌につけるものは肌触りの良い良質なものほど運気を上げます。

 

・「立春大吉」のお札を書いて貼る

「立春大吉」とは禅寺で立春に貼られる魔除け・厄除けのおふだです。

 

自分で作成してもそのパワーを活用することができます。

 

①立春の日の早朝、半紙を縦半分に切って、
墨か筆ペンで「立春大吉」と書きます。

 

②おふだに息を3回吹きかけてください。
そして、玄関(室内側)の右側の、目線より高い位置に貼ります。

 

ポイントは、「立春大吉」の文字を左右対称に書くこと。

 

鬼や邪悪なものが家に来ても、この左右対称の
文字を見て混乱して出ていってしまうそうです。

 

貼ったおふだは1年間有効。

 

1年経ったら、自作とはいえおふだですので、
神社などに納めてくださいね。

 

 

・朝日の光を浴びる

元旦のご来光以上に、立春の朝の陽光は
エネルギーが強いと言われています。

 

少しの時間でも、外に出たり窓を開けて
朝日の光を浴びみましょう。

 

1年間の活力をチャージすることができますよ。

 

 

・新しいことを始める。目標設定する

「一年の計は元旦にあり」という言葉がありますが、
これはもともと「一年の計は春にあり」という昔の言葉に由来ています。

 

どちらにしても、1年の計画は
年の初めにしましょうということになります。

 

立春に新たに計画を立てるのも良いですし、
お正月に設定した目標や計画を、ここで見直してみるのも良いですよ。

 

立春は、物事をスタートするエネルギーに満ち溢れています。

 

ここで決めたこと、この日始めたことには支援の力が作用することでしょう。

 

 

・笑顔で過ごす

笑顔は何よりの開運するための行動です。

 

特に立春にはいつも以上に笑顔を心がけ、
おおらかな心で過ごすようにしましょう。

 

強い立春の「気」を最大限味方に
つけることができますよ。

 

ここまでは立春に行う開運行動をご紹介しましたが、
次にお話するのは立春にやってはいけない行動について
ご紹介します。

 

 

■絶対にダメ!立春にしてはいけないこと

 

実は、いつも行っている行動が立春には
してはいけない行動でもあります。

これからご紹介する2つの行動に気をつけてくださいね。

 

・お風呂はNG!

元日同様、この日の水は運気を流してしまいます。

 

開運のためには、立春の1日は入浴もシャワーも控えてください。

食器洗いなど水を使う家事も、
なるべく避けるか回数を少なくしてみましょう。

 

ただし立春とはいえ 外から帰ったりトイレの後などの手洗いは、
病気予防の観点から きちんと行ってくださいね。

 

また、神社に参詣される方は手水舎での手洗いは絶対ですよ。

 

 

・ネガティブな感情にとらわれる

立春はここからの1年の運気を方向づける大切な日。

 

つまり、この日は1年間の運気を決めるパワーを持っています。

 

ですから、立春の日にはネガティブな感情に
心をとらわれないように心がけましょう。

 

妬み、恨み、嫉妬、怒りなどの負の感情や、
悪口、陰口、ケンカなどもこの日は特に避けたいところ。

 

笑顔溢れる一日を過ごしてみてください。

 

1月1日に良いスタートを切れなかった人も
立春までの約1ヶ月に良い事がなかって人も

開運できる行動をして、
1年を素晴らしいものにしていきましょうね。