ひな祭りは「魔除けの節句!」上手に厄を払おう

3月3日は「ひな祭り」

女の子の健やかな成長を
喜ぶ伝統行事。

 

ここまではあなたも
ご存じですよね。

 

ですが、「ひな祭り」は
本来の意味は季節の変わり目に
災難や厄から身を守り

縁起の良い幕開けを
願うための節句が始まりと
されています。

 

 

 

 

また、ひな祭りに欠かせない
人形もその昔は飾るのではなく
川に流されていました。

三月上旬の巳の日に
草や藁で作った人形(ひとがた)で
自分の体を撫でて穢れを移し、
それを川に流すことで
厄払いや邪気祓いを行う風習があったんです。

 

 

 

 

江戸時代になると
人形作りの技術が向上したことで
川に流すのではなく家で飾るように変化
していき今に受け継がれているのです。

 

桃もキーポイントとなり
日本神話に登場する桃という
果物は神様にとっての
魔除けアイテムとなります。

 

 

 

 

神話のなかのお話で
黄泉の国からイザナギノミコトが
逃げて帰る時に桃を投げることで
九死に一生を得たのは有名なお話です。

 

邪悪なものを祓う霊力が
桃には秘められているのですね。

 

桃の節句のひな祭りは
「魔除けの節句」ということになります。

 

 

 

 

ひな祭りというと
女の子のための可愛いお祭り
というイメージですが

このイベントの本質は
邪気を祓う魔除けイベントと
知っていただけたかと思います。

 

ですから、
厄を祓うためにひな祭りを
連想させるアイテムを部屋に飾って
瞑想を行ったりパロサントやお香で
お部屋の浄化を行ったりしてみて
くださいね。

 

 

 

 

お家時間が長くなる今
お部屋から邪気を逃がして
クリーンな状態で過ごしていきましょう。