神社に行こう!正しい参拝方法で運気アップ

運気アップ確実!神社で叶える正しい参拝方法

こんばんは!
LoveQuartzの東條です♪

開運スポットとして
連日大きな賑わいを見せる「伊勢神宮」

東京の一大パワースポットとして
名高い「明治神宮」

など、全国各地に点在する有名神社ですが
その正しい参拝方法を知っている方が非常に少なくなっているんです。

私も、各地の神社やお寺など
パワースポットと呼ばれる場所に足を運びましたが
手水などでも直接口をつけていたり
敷居を踏みつけたり、その認識の低さにちょっぴり寂しい気持ちになりました。

ですが、、
寂しい気持ちになってしまうだけではありません!!

正しい神社の参拝作法を知っておくことで
運気アップにも効果があるんです!!

それでは早速
正しい、神社での参拝方法を知って運気アップさせていきましょう。

神様へのあいさつ


挨拶

神社への参拝はなかなか日常では行わないものなので
正式は作法を知っている方は非常に少ないですよね。

でも、神様は連日たくさんの方の願いを聞いています。

そんな時に全員の願いを叶えるのも一苦労です。

だからこそ、神様が気持ちよく
願いを叶えたいと思ってもらうためにも、
正しい作法を身に着けておく必要があるんです!

いざ神社へ!!

神社の入り口に入ると、必ず鳥居があります。

この場所は神社の玄関とも呼べる場所でもあります。
無断で人の家に入る方はいませんよね。

必ず鳥居をくぐる際に一礼をし、片足ずつ進みます。

また、参道の真ん中は神様の通り道とされています。
私たちは左側をそってゆっくりと進んで行きましょう。

清める

神様のいらっしゃる本殿に入る前には
必ず体を清めて行きます。

出来れば、自宅でシャワーを浴びてからが好ましいのですが、
毎回そんなことはできませんよね。

代わりにあるのが『手水舎』です。
ここで、キレイに手の汚れや邪気を洗い流し
神様に対面する準備を行います。

1.右手で柄杓をもち左手に水をかける
2.柄杓を左手に持ち替え右手を洗います
3.再度柄杓を左手に持ち替え左手の平に水を受け、口元をすすぎます
4.使った柄杓を立て柄の部分に水をかける

この様な流れで体を清めて行きます!

冒頭にも記載をしましたが
沢山のかたが使用するものなので
決して柄杓に口をつけては行きません。

また、水を何度もすくうのも芳しくないので
一度に留めて分量を計算しながら行いましょう。

境内に向かう

参道から歩き進めると、境内だ見えてきます。
このときに鳥居に段差がありますが、その敷居を踏んではいけません。

大きく足を広げ敷居をまたぐように境内に進みます。

1.正面についたら軽く一礼
2.大きな鈴を鳴らす
3.鈴を鳴らした後は、そっとお賽銭を入れる
4.神前に向かって二回深くお辞儀をする
5.手のひらを合わせ拍手を二回打つ
6.個人を示し感謝の言葉を唱える
7.再度深くお辞儀をする

神様はあなたの行動をしっかりと見ています。

一つ一つの作法を丁寧に行い、鈴の鳴らしすぎや、大きな声で願いを唱えるなど、神様だけではなく周囲の方の迷惑になる行為は避けましょう。

早い時間に行くべし!!

神様は長い時間をかけて
いろんな方の願いを効きます。

その為、リラックスして
疲労のたまっていない午前中に参拝するのがもっとも良いといわれているのです。

また、午前中は太陽が昇る時間ですし、
運気も一緒に上昇するため、陽のエネルギーを集めやすくなります。

ルールを守ろう


参拝
今回ご紹介したものは
一般的に流通しているマナーになります。

神社やお寺場所によって、細かく違ったルールや作法があります。

正しい作法を身に着けて、
神様に願いを届ける事で運気をアップさせていきましょう!

 

http://fukuen-powerstone.com/2016/07/31/hukuenpowerstone/